WinMount

圧縮ファイルを解凍せずに利用できる 大きなサイズの圧縮ファイルの取り扱いに便利!

WinMount(ウィンマウント)は、仮想ドライブ作成機能を搭載したファイル圧縮・解凍ソフトです。通常のファイル圧縮・解凍に加え、仮想ドライブへのマウントにより、圧縮ファイルを解凍せずに使用できるというメリットがあります。これにより解凍作業に掛かる時間と、解凍ファイル分のディスク容量を節約できます。大きなサイズの圧縮ファイルでも効率良く取り扱える圧縮・解凍ソフトです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 仮想ドライブ作成機能を搭載している
  • ZIPやRARなどの圧縮ファイルを仮想ドライブにマウントできる
  • MOU(高速解凍が魅力)やWMT(プライバシー保護の為の強度な暗号化機能付き)など、他の圧縮・解凍ソフトでは対応していないファイルを扱える
  • 圧縮ファイルへのパスワード設定やコメント記入機能が搭載されている

反対票

  • 日本語のメニュー表記には対応していない

良い
7

WinMount(ウィンマウント)は、仮想ドライブ作成機能を搭載したファイル圧縮・解凍ソフトです。通常のファイル圧縮・解凍に加え、仮想ドライブへのマウントにより、圧縮ファイルを解凍せずに使用できるというメリットがあります。これにより解凍作業に掛かる時間と、解凍ファイル分のディスク容量を節約できます。大きなサイズの圧縮ファイルでも効率良く取り扱える圧縮・解凍ソフトです。

WinMountで圧縮できるファイル形式はZIPや7Z、ISO、MOUの4種類、解凍できるファイル形式はZIPや7Z、ISO、MOU、TARなど11種類です。高速に解凍できるのが魅力の「MOU」やプライバシー保護の為の強度な暗号化機能を備えた「WMT」など、類似ソフトでは対応していない形式を扱える強みも有ります。

WinMountの画面は「Mount(マウント)」と「Browse(ファイルの閲覧)」2つのタブで分かれています。ファイルの圧縮・解凍作業は「Browse」タブ内で行います。タブ内のフォルダーツリーから特定のファイルやフォルダーを選択し「Compress」ボタンで圧縮、「Extract To」ボタンで解凍を行います。圧縮ファイルへのパスワード設定やコメント記入機能も搭載されています。仮想ドライブの作成は「Mount」タブにて行います。タブ内のフォルダーツリーで特定のファイルを選び、「Mount To」ボタンで仮想ディスクドライブの作成、「Mount file」で読み取りを実行します。

仮想ドライブとは、ハードディスク内に作成できる仮のハードディスク領域の事です。従来CDやDVDに記録されたソフトウェアのデータは、そのままハードディスクにコピーすると、必要な物理的情報(階層やボリュームラベルなどそれぞれのデータの相関関係)が崩れて正常に利用できない事が多くあります。しかし、仮想ドライブを作成し、そこでデータを認識させる(マウントする)と、PCにコピーしたCDやDVDデータも使用できるようになります。WinMountではCDやDVDデータに加えて、ZIPやRARなどの圧縮ファイルを仮想ドライブに認識させる事ができます。これにより、圧縮ファイルをわざわざハードディスク上にファイルを解凍しなくても利用できるようになります。数GBにも及ぶ大きなサイズの圧縮ファイルは、解凍に時間が掛かる上、圧縮ファイルとは別に解凍ファイル容量分だけディスクが占有されます。WinMountを利用する事で時間とディスク容量の2つを節約できるのです。

残念ながらWinMountは日本語のメニューには対応していません。英語が苦手な人は、設定の表記を確認する際にやや戸惑う事があるかもしれません。日本語メニューに対応している類似ソフトにはHamster Free ZIP ArchiverWoopieZIPなどがあります。なお、WinMountの試用版は、操作の途中で度々有料版へのアップグレードを推奨する画面が表示されます。

WinMountは仮想ディスクドライブ作成機能を備えた、高度なファイル圧縮・解凍ソフトです。

WinMount

ダウンロード

WinMount 3.5.0331